知っておきたい自動車保険

知っておきたい自動車保険

自動車保険を選ぶ際のポイント

自動車を購入する予定がある方は、手続きを行う前に自動車保険を探しておきましょう。自動車保険は大きく分けて二つの種類があります。一つは強制保険と呼ばれる自賠責保険になりますが、こちらの方は自分で保険会社を探さなくても販売店の方で加入手続きを行っているので心配することはありません。もう一方の任意保険は自分で探して申し込みを行い、契約期間が開始してから運転を始めなければなりません。つまり納車までに手続きを行う必要があるのです。任意保険は多くの保険会社が取り扱っており、補償の内容や支払う保険料には違いがあります。できるだけ多くの保険商品をチェックし、比較してから選ぶことをおすすめします。比較するポイントは万一の際の補償額をはじめ、補償範囲やサービス内容などが挙げられます。自動車保険にはロードサービスが付いていますが、保険会社によってサービスの内容が若干違います。例えばレッカー移動のサービスはどの保険にも付いていますが、無料で移動する距離には差があります。またガス欠のときに補給するガソリンの量も違いますし、全国に設置しているサービス拠点の数にも違いがあります。補償内容に差がなければサービスが充実した自動車保険を選びましょう。

自動車保険の種類とそれぞれの違いについて

自動車保険は、交通アクシデントの際に発生した損失を補償してくれる保険です。これにはふたつの種類があり、それぞれ補償範囲等が異なっています。まずは強制保険、自賠責保険とも呼ばれる自動車保険です。これは文字通り、自動車の所有者は必ず、加入することが法律によって義務付けられている保険です。この保険の目的は、自動車事故で発生した人的被害、それを被った人に対する必要最低限の補償義務を果たすことにあります。そのため、この保険の補償範囲は人的損失に限られています。対物や自損の場合には、補償は適用されないと言うことです。そしてまた、対人補償に関しても限度額が設定されています。これに対してもうひとつの種類である任意保険は、文字通り、加入に関しては個人の意思に任せられている自動車保険です。ただしこちらは、自賠責保険よりも、より広い範囲の損失を補償すると言う違いがあります。人的損失に対しては勿論のこと、自損や対物に関しての損失も補償が適用されます。また特約と呼ばれるオプション契約を結んでおくと、その契約内容に基づいた補償も実行されます。たとえば、示談交渉を弁護士に依頼した費用が補償される弁護士特約、無保険車との事故で発生した損失を補償する無保険車傷害特約なとが一例としては挙げられます。また任意保険は、特に対人補償に関しては限度額が設定されていないのも大きな違いです。ですからドライバーは、万が一の際にしっかりと補償責任を果たすためにも、自賠責保険と任意保険の両方に加入しておくことが必要最低限の責任です。

check

ポケモンGO タマゴ
http://pokemongo.biz/
宝くじ購入代行なら
http://www.takarakuji-dream-eiki.com/
飛騨高山のグルメ
http://www.yama-1.com/
印鑑 通販
http://www.hankomori.com/
iPhone 修理 福島
http://iphonesyuuri-naritaya.com/shop5/
もんぺ
http://marufuku-online.com/
松戸のペット火葬
http://www.i-chiba.com/pet-cremation-visit-area/matsudo/
賃貸事務所 東京
http://www.zero-office.biz/

2016/8/4 更新